本文へ移動

会社案内

HISTORY

弊社は「日本から世界へ、世界から日本への海上及び航空輸送を高い物流品質の追及と対応力をもって担う」ことをミッションに1999年に大阪本社、東京支店の体制で設立されました。21世紀に入り拡大を続ける中国市場の取り組み強化のため2012年4月に上海支店を開設、2015年10月には旺盛な物流需要が見込まれるインドネシアにジャカルタ支店を開設いたしました。この間、世界屈指の物流品質を常に目指し、お客様が求める時間とコストを最適化したドア・ツゥ・ドアサービスを個々のお客様のニーズに合った形でご提供して参りました。
弊社のグローバルネットワークは約40ヶ国まで拡大し、特にアジア・中南米の物流企業様との強い信頼関係に基づく提携により、お客様にご満足いただける最高のロジスティクスサービスを提供出来ているものと自負しております。
令和元年の今年、当社はおかげさまをもちまして20周年を迎えることが出来ました。これもひとえにお客様を始め、お取引先様、現地代理店様など多くの皆様がたのご愛顧、ご支援、そしてご協力の賜物と深く感謝申し上げます。令和の時代もグローバルネットワークのより一層の強化と社員教育の徹底により、「NIPPONを運ぶ!」を全力で担って参ります。

ACTIVITIES

農業、製造業、卸業、流通業、SPA型事業など様々な企業様にとって、ロジスティクス戦略の決定は企業様の競争力を左右する重要な経営課題です。
ニーズが異なる個々の企業様から日々頂戴する物流課題に対し、弊社はグローバルな視点と文化・民族・宗教等を異にするローカルからの視点を融合した品質・時間・コストに配慮した物流ソリューションの提供を行っております。
各企業様にとって最適なロジスティクスサービスは以下の分野において発揮されています。
*プラント輸送
*アジア/中南米地域間での小口貨物を含む一貫輸送
*日本、中国、韓国 重要三カ国域内でのDoor to Door輸送
*アジア全域に亘る小口混載貨物の取り扱い
*アフリカ諸国向け海上貨物のビザ発給業務の受託サービス
「各企業様に物流品質・時間・費用で満足していただきたい」を常に念頭に置き、各企業様にとって最適なロジスティクス・ソリューションを提案・実現し、顧客満足の向上を今後も目指しています。
 

多様性ある社員の育成と女性が活躍出来る職場

弊社は、お客様の新たな、かつ多様なニーズにお応えすべく、外国人社員の採用・育成に力を入れております。日本の大学を卒業した外国籍の社員の採用によるトライリンガル(3か国語を使える)社員を増やし、希望者には語学研修費用の会社補助を行い母国語以外の語学の習得を奨励しています。日々の業務に加えて海外出張機会の拡大も外国語を習得するモチベーションを高めることに貢献しています。
 
女性社員が働きやすい社内環境の整備に努めて来た結果、女性社員の管理職登用、海外出張の機会など女性社員が活躍するポジションと機会は増えています。
我が国で女性活躍推進法が2016年4月に施行される以前からも女性正社員率が7割、産休取得率が100%という数字が示す通り、まさに女性がメインとなって会社を動かしていると言っても過言ではありません。
 
また、社員が健康で働くことが出来るよう病気の早期発見を目的に、通常の健康診断に加え希望者には胃内視鏡検査費用を会社が負担するなど病気を寄せ付けない健康な身体作りのための投資も普段から行っています。

グリーンサプライチェーン(循環型サプライチェーン)への取り組み

地球温暖化、プラスティックによる海洋汚染、大気汚染、絶滅危惧種の増大など地球環境の危機は待ったなしの状況です。弊社も循環型サプライチェーンへの取り組みを始めました。環境意識を高めるために、オフィスで使用するプラスティック類の削減など環境負荷を軽減する活動を手始めに、部分最適ではない全体最適な物流を各顧客企業様と一緒になって組み立てることによりモノやエネルギーの無駄を少しでもなくしたいと考えております。
社員各自が環境問題と多様性の尊重という意識を持って、お客様のニーズに肌理細かく対応することにより、物流品質、時間、コスト、環境面でお客様に満足していただくことはもちろん、地方経済、地域経済、そして世界経済の発展に貢献すること、そして世界中の人々が必要とするものを必要とされる人々に大切にお届けすることを最高の心の糧にして毎日の業務に社員一同励んでおります。
令和の時代も「NIPPONを運ぶ!」当社を末永くご愛顧賜りますようお願いいたします。

















──────────────
1.国際海上貨物運送取扱業
2.国際航空貨物運送取扱業
3.海運代理店業
4.梱包業
5.海運仲介業
──────────────
一般社団法人

国際フレイトフォワーダーズ協会(JIFFA正会員

 

0
1
4
0
5
8
TOPへ戻る