本文へ移動

TSL グループ

TRANSPORTATION SERVICE&LOGISTICS (TSL) GROUPへの参加

弊社は飛躍する東南アジアマーケットの深耕を目的に、2013年9月にTRANSPORT SERVICE& LOGISITICS JAPAN LTD(ティエスエル日本株式会社)を設立し、TSL グループに参加いたしました。TSLは、1999年にニュージーランドにて設立され、2005年にTSL THAILAND、2006年に豪州、2009年に米国、2012年カナダと次々に設立されました。
2013年に日本、2015年インドネシア、2016年ベトナムとグループを拡大し、本年TSL PHILIPPINESが活動を開始したことにより、環太平洋経済圏における大きな物流サービスネットワークを持つTSLグループが構築されつつあります。
東南アジア市場の深耕を皮切りに、北米市場と日本/アセアン市場での取り組み強化を図り、近い将来には南米市場へのグループ拠点の確立を図り、環太平洋でのTSLグループの存在感を高め、お客様へ最高のロジスティクスサービスを提供する考えです。
TSLグループへの参加は、WCAメンバーとして世界中のフォワーダーと連携し、あらゆる企業様のご要望とご依頼にお応え出来る仕組みの活用を弊社(NTC)が行うことを可能にしました。
 
TSLグループのHPは以下のURLからご確認出来ます。
 

新しい活動指針“Think Locally, Act Regionally, Leverage Globally.”

以前は弊社も、グローバルな視点で地域における活動をしていましたが、グローバルな視点だけでは、民族・宗教・文化を異にする地方で活動することには多くの困難を伴いました。
弊社はTSLグループへの参加に伴い、最近目にするようになった“Think Locally, Act Regionally, Leverage Globally.” 「国別の事情に基づいて考え、関連国を含む地域全体で活動し、グローバルな仕組みを活用する」を活動指針の一つに加えました。
 
この指針は、弊社内にターゲット市場ごとに活動する“Route Development Manager(RDM)”という新しいポジションを誕生させました。RDMが対象とするインドネシア、タイ、ベトナム、フィリピン各国の事情を各国TSLオフィスの同僚と共に深く把握・認識した上での、東南アジア、日本含む極東アジア地域内の物流サービスの提案を今まで培って来たグローバルな仕組みを活用して推進することを目的とするポジションです。TSL各拠点との連携が活かされその成功事例がTSL全体で共有され始めています。

TRANSPORTATION SERVICE&LOGISTICS JAPANの会社概要

会社名
ティエスエル日本株式会社
TRANSPORT SERVICE&LOGISTICS JAPAN LTD
住所
【本社】
〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町3-2-14 イワタニ第二ビル 7階
TEL:(06)4964-2252 FAX:(06)4964-2273
 
【東京支店】
〒105-0003 東京都港区西新橋1-9-1 ブロドリー西新橋ビル6階
TEL:(03)5537-0144 FAX:(03)3572-1713 
設立年月 2013年9月1日
資本金 3,000,000円
代表者名 〆野 健次
 

















──────────────
1.国際海上貨物運送取扱業
2.国際航空貨物運送取扱業
3.海運代理店業
4.梱包業
5.海運仲介業
──────────────
一般社団法人

国際フレイトフォワーダーズ協会(JIFFA正会員

 

0
1
5
9
6
8
TOPへ戻る